BUG-Spotter 盗聴発見器「バグスポッター」

Bug-Spotter
Bug-Spotter
今までの盗聴発見機では出来なかった盗聴器と
盗聴器以外の電波を区別する認識音発信方式盗聴発見機
盗聴器が発信する音声をモニター受信できるラジオモードを搭載

  • 盗聴器以外の電波を区別する識別音発信方式盗聴発見機
  • 通常は、盗聴電波以外の各種電波やノイズが数多く存在しています
  • 従来の盗聴発見機では、盗聴器とそれ以外の電波を識別するのに、
    ある程度の「慣れ」が必要でした
  • バグスポッターはその識別を容易にするため「識別音」を発生させ
    探知作業を行う新方式を採用しました
  • 新方式によって盗聴器以外の電波を区別することができますので、
    探知作業をよりスムーズに行うことができます
  • 電波探知と音声受信の二つの機能を搭載したデュアルモードモデル
  • 盗聴器が発信する音声電波を受信し、その内容を聞くことができる
    ラジオモードを搭載
  • 電子アラーム音と7個のLEDにより、盗聴器の存在を探知します
  • 音の変化とLED点灯数で、盗聴器までの設置距離を探索します
  • スキャンボタンを押すだけで、周波数範囲を変えながら自動的に
    盗聴電波受信を行う簡単操作仕様(走査受信)
  • 主たる盗聴器であるVHF・UHF盗聴器の周波数帯域をカバーする
    50〜2000MHzのワイドな受信周波数帯域を実現
  • 小型アンテナを採用しコンパクトサイズを実現
  • 電源には容易に入手できる、単3形乾電池×4本を採用
Bug-Spotter
@スキャンボタン ‥‥ボタンを押すとスキャンを開始します
AアラームLED ‥‥盗聴器に近づくほど点灯数が増えます
BBNCアンテナ ‥‥付属アンテナを確実にセットしてください
Cラジオモードボタン ‥‥受信電波の音声内容を聞くことができます
D電源&ボリューム ‥‥ボリュームは5以上、できるだけ最大でご使用ください


1. お部屋の各種電気製品の電源をONにします。
2. Dのツマミで電源をONにし、ボリュームを最大にします。
3. @のスキャンボタンを押します。「パッパッパッ」というスキャン音が鳴ります
4. 「ピーッピーッ」という識別音が鳴ります。
  探知作業対象のお部屋内をゆっくりと動き回ります。
  スキャン音と識別音だけであれば盗聴器はありません。
5. もし「ピピピピピピピピッ、ピピピピピピピピッ」という盗聴器警告音が鳴った
  場合には盗聴器がある可能性があります。
  Cのラジオモードボタンを押すと、今警告音を鳴らす原因となっている電波の
  内容を聞くことができます。
  もしお部屋内の音が聞こえてくる場合(盗聴器が拾った音を受信できた場合)は
  盗聴器があると考えられます。
  そのような場合、次の6の作業に進んでください。
6. AのLEDを見ながらお部屋の中を移動します。
  発信源に近づくにつれてLEDの点灯数が多くなります。
  LEDが7個全て点灯した場合、盗聴器からの距離は30cm以内である可能性が
  高いです。
  また、盗聴器からかなり近づくと「プァー」というハウリング現象が起こります。
  ハウリングを利用して、盗聴器からの距離を絞り込むことができます。

※ 詳細は取扱説明書をご覧くださいませ。

※ バグチェイサープラスは「盗聴発見器」です
電波を受信して音声を聞く事ができますが、
あくまでも盗聴波確認用の機能です
マルチバンドレシーバーではありません

(税込)\63,720
BUG-Spotter 盗聴発見器「バグスポッター」
受信周波数 50〜2,000MHz(2GHz)
※1,200MHz以上は受信感度が低下します
スキャン時間 約20秒/回
アラーム警鳴 3種類(スキャン音/識別音/盗聴器警告音)
音声モニター 可能(ラジオモード)
アンテナ 空中線形式小型ハンディーアンテナ
アンテナ接栓 BNC型
使用電源 単3形乾電池×4本 ※アルカリ電池推奨
(ニッケル水素電池も使用可)
消費電流 80mA(無信号時)
外形寸法 65(W)×34(D)×117(126)(H)mm
アンテナ寸法 φ15x45mm
本体重量 約200g(乾電池 91g含む)
アンテナ重量 約17g
セット内容 本体、アンテナ、テスト用電池(単3×4)
取扱い説明書/保証書(保証期間6ヶ月)
 購入数: